前へ
次へ

離婚裁判は、弁護士を付けるのが無難、その理由

離婚裁判は、家庭裁判所で離婚調停を行い、双方で納得できない場合において次のステップとして行われます。人によっては、自身の主張が正しいと思い込んでしまう中で、弁護士なしで行おうとする人もいるかもしれません。自身の主張が正しいに関わらず、離婚裁判では、決められた理由でしか訴えることができません。例えば、不貞行為や3年以上の生死不明などです。離婚裁判は、当たり前の話として、法律に照合わせて判断が下されます。つまり、法律にのっとっている主張ほど、有利に裁判が進められるのです。弁護士をつけたほうが、勝訴を勝ち取る可能性も高く、負けてしまえば後悔してしまいかねません。慰謝料に関わる話であれば、離婚裁判の内容によっては、勝ち取る金額を左右してしまいます。もしかすれば、自身が思っていた以上の金額を勝ち取れる可能性もあるでしょう。逆に相手から訴えられ、自身が被告になるケースも存在します。この場合は、訴えられた後に、反論の答弁書を提出しなければならず、個人で簡単に対応できない場合もあるでしょう。裁判に関わる話は、弁護士に助けを求めるのが望ましく、良きパートナーとして支えてくれるはずです。

Page Top