前へ
次へ

離婚裁判と離婚調停はどちらの方がいいのか

離婚をする人の大半は協議離婚で行っています。つまりは夫婦間の話し合いのみで解決し、書類を提出して離婚を成立させています。次に多いのが調停離婚で離婚裁判まで行くのは離婚全体から見ると1パーセント程度とされています。離婚においてはいろいろな問題があるために話し合いがこじれやすく、離婚裁判までもつれるケースが多いような気がするでしょうが、意外に裁判を経るまでに解決しているケースが多いことを知っておきましょう。では離婚をするうえで裁判をした方がいいのか調停で済ませた方がいいのかです。お金のことだけを考えれば裁判をしない方がかかりません。時間も調停で済めばあまりかかりません。離婚に関しては協議の後にいきなり裁判に進めるわけではなく、必ず間に調停を挟む必要があります。調停案に納得できないときにやっと裁判に移ることになります。調停案はある程度の識者の提案になるものの必ずしも両者が納得できる案が出されるとも限らず、互いに納得したいなら裁判の方がいいのかもしれません。

Page Top