前へ
次へ

離婚裁判をするなら弁護士にすべて伝える

人に対して隠し事をしてしまうことがあるかもしれません。知られると恥ずかしいことや、あまり大事でないからとあえて伝えなかったりします。そのまま知られないで済めばいいですが、隠していたことが後でばれてしまったり、きちんと話していた方がうまくいくときもあります。もちろん隠したり嘘をついた方が結果的にいいこともありますが、どんな話を誰にするのかによって判断が必要になることもあるでしょう。離婚裁判を進めるにあたっては弁護士に相談する必要があり、裁判における答弁のために弁護士からいろいろ聞かれるかもしれません。その中に話したくないこともあり、話さずに進めてしまったために裁判において不利になることがあるようです。離婚裁判の件に関してはどんなことでも隠さず弁護士に話すようにしましょう。話をした上でどう対処したらいいかは弁護士が考えてくれます。自分に不利になることがあっても話すことで対抗できるかもしれません。

Page Top