前へ
次へ

離婚裁判における親権争いについて

離婚裁判による親権争いでは、ほとんどの場合において母親側が勝訴します。しかし父親が親権を獲得する可能性もゼロではありませんので、勝訴のためのポイントについて記していきます。親権は「子供を監護してきた割合」「周囲のサポートの有無」「親権者となる者の心身の健康状態」「子供の年齢」等を考慮して判断されます。ですから別居後の離婚の場合、裁判では「別居の時点でどちらが子どもを監護していたか」が重要視されてしまい、別居開始時に子どもと離れてしまうのは非常に不利です。また特に子どもが幼い場合においては、祖父母など身内のサポートを受けられる環境であるかが重視されます。そして親権者ではない方の親との交流を認めることができるのかも判断の一つとなります。また暴力性が認められる場合や、精神的に不安定であると見做される場合は親権者として相応しくないと判断されます。以上のような観点から幼い子どもの場合は相当な落ち度がない限り、離婚裁判において母親が親権者に選ばれることがほとんどです。しかし子どもが15才以上である場合は子供の意思が大きく反映されますので、父親が親権者となる確率も上昇します。

Page Top