前へ
次へ

離婚裁判でよく争われる親権の基準とは

離婚裁判まで行くような話の中には、子供への親権を争って裁判まで行く場合もあります。親権の基準は、ある一定、傾向として存在するのです。子供を養うためには、経済力も必要であり、経済力が問われる場合もあります。離婚裁判では、子供の愛情なども判断される基準として存在します。ただし、愛情とは目に見えない内容であり、休日に一緒に遊ぶなどの姿が問われるでしょう。子供への親権において、15歳以上の子供の場合は、子供の意思が最も尊重される場合もあります。一般的に、不貞行為による離婚裁判においては、不貞行為を起こした親に親権がないと思われるでしょう。これは、別々の問題として切り離されて考えられる場合もあり、親権とは関わりがない話も存在します。離婚裁判中、教育を与えている片方の親から、子供を連れ去る行為は、大きなマイナスの評価の判断がなされる場合もあるのです。子供を失いたくない思いから、実際に行動に走る親もいまして、この事に対して注意しなければなりません。

Page Top